産廃最終処分場に関するアンケート結果をご報告します!

政策宣伝

9月末まで実施しました産廃アンケートの結果をご報告します。皆様、回答などご協力いただき、ありがとうございました。

アンケートは地元諏訪町を中心に3870枚をポスティングし、9月の1か月間はWebでも回答を受け付けました。回答は401通あり、処分場建設に「賛成」が17通(4%)、「反対」が340通(86%)、「どちらとも言えない」が38通(10%)でした。

意見欄には「空気が悪くなる・悪臭・騒音・健康を害する」「団地の密集地に処分場を計画すること自体、住民を無視した、計画者側の勝手な都合であり、反対する」などの意見が寄せられました。不安な項目は「生活の安全」「道路交通」「地域の自然環境」「騒音」「地下水(飲み水)の水質汚染」「放射性廃棄物」など、多岐に渡っているのが特徴です。また「県の決め方に納得がいかない」「県が非公開で会議を進めてきたことに怒りを感じる」といった県の問題点を指摘した意見もありました。

アンケート結果冊子(1MB)

PAGE TOP